おはズボッ!(懐かしいAVシリーズのタイトルです)
長いことサボっておりましたブログの再開です。
 
それほど忙しかった訳では無いのですが、本当に書く事が何にも思い浮かばなかっただけッス。
 
それなりに出来事は有るのですが、僕と別れた彼女の泥試合の事なんか書いてもしょうがないでしょ?興味が有るなら書きますけどwww
 
というわけで最近特に思った事なのですが、「俺の財産」というか「俺の会社の財産」ですね。僕個人的にはそこらへんのOLさんより貯金とか少ないと思いますから・・・。
 
前の会社に啖呵を切って、会社を旗揚げして早3年!
先人たちの轢いてくれたレールの上を、意地を支えに進んで来た結果、
会社としてはまあまあ安定もしてきて良い状態になってきたのではないかと思っております。
 
ゼロどころかマイナスから始まった会社の口座にも少しずつ蓄えも出来てきました。
 
しかし、こんなものは必死で守る物でも無きゃ、目標に据える物でも何でも無いんです。
無くなったって、どうってことは無いんス。
だって元々持ってなかったんだから、無くなったってどうって事は無いでしょ。
 
じゃ、俺が元々持ってた物って何だろう?
・・・あれ、何にも無いぞ。
金は無かったし、資格も無かった。経験も大して無いし、業界の人脈も無い。
 
俺が持っていたのは、究極の話しが「俺」だけなんだよね。
カッコよく言えば「信頼」だったり「人」だったりするのかな?
 
なぜか俺を信頼してくれたマンションオーナーさんがお金を貸してくれて、共に会社を立ち上げてくれた相棒がいて、お給料なんて無くても手伝いますと言ってくれた仲間がいて、
信用して取引を継続してくれた大家さんや入居者さんがいて、その他たくさんの人達に助けられて、生きて来れた訳でして。
だから守らなきいけない物は「信頼」的な物しか無いんじゃないかなって思います。
そいつを失ったら、僕は持っていた大切な物を失ってしまった事になる気がする。
 
だから「信頼」を失う位なら「お金」なんていらねえ!ってなっちゃうんです。
経営者失格スレスレです。(何とか黒字ですから、まだ失格じゃ無いっす。。)
 
でも、「信頼」が「お金」に変わった訳ですから、こいつを積み上げて行けば、自然とお金も積み上がって来るんじゃないかって思ったりもします。
 
僕の周りの不動産業者も分裂したり、撤退したり、廃業したり。
居なくなる業者もいれば、新しく出来た業者もたくさんいます。
 
その中で長く生き残る為に必要なのは「お金」を蓄える事じゃなくて、「信頼」を蓄えることなんじゃ無いでしょうか。
 
 
ま、僕は商才が有る方では無いので、支店展開もしないだろうし、手数料もすぐにおマケしちゃいます。だからお金儲けをしたいなら相棒も独立すべきだと思ってます。
その方がきっとお金儲け出来ます。
僕がマンションオーナーに借りた位のお金なら退職金で出してあげます。

僕はそんなにお金が無くても生きていけるし。
 
という事ふと思った今日この頃でした。
 
 
そして7月7日に迫った、渋谷O-Crestでの「theBrush(ザ・ブラッシュ)」のワンマンライブ!
2時間ぶっ通しで盛り上がる為に、体力作りに入ります。
 
 
 
次週「泥試合」お楽しみに!!